ブログランキング

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ

« ダイエット | トップページ | ダイエットII »

演奏者と指導者

5月19日

えぽあホールにて、江別合唱の輪 主催による、合唱団の演奏会がありました(*^_^*)notes


1369159184939.jpg

私がピアノを弾かせて頂いている、木村先生率いる、野幌女声コーラスの皆さんは、いつも新鮮な気持ちで練習されていましたdiamond

私はこのコーラスさんの皆さんに愛情ある所が、とても魅力を感じる所ですhappy01

今回は客席からこのコーラスさんの演奏への喜びの声もあり、その瞬間に携わらせて頂いた事に嬉しいですし感謝しています(*^_^*)heart04

合唱団の伴奏ピアニストは、自由に弾く➕何が起こっても指揮者の音楽を表現するのが務めfuji

考えただけでも深イイ〜ですtulip

私にとっては勉強すべき事が沢山ありますcherryblossom

今日は演奏者と指導者について、その感覚を少し文書にしてみたいと思いますshine

今回のような、ピアニストとしての自分と指導者としての自分が2人いるような感覚なんですね。

二重人格といったのとは違いまして、演奏も指導も表裏一体なのですが、

頭の中に演奏者レバーと指導者レバーと切り替えポイントみたいのがあります。

一人で練習している時など本番中の演奏者レバーがONになっている時は

とても気難しい自分でして、一つの事に凄く執着したり(何時間も同じ所ばかり弾いてみたり)、やたらと神経質、何かに怒ったかと思ったら、横を振り向いた瞬間はなんだかデリケート。

それらを一通りやり終えたら、ルンルンしていたり、何かに感動してたり、緊張したり、と、いった精神状態です(O_O)

ピアノの前から離れると、演奏者スイッチがOFFになるので、普段の自分に戻り、とぼけた人に戻ります(笑)が

指導者スイッチがONになったら、

何をみているかと言うと、演奏を通して人の内面的なものを見ていますeye

他にも色々と見ている中に、1番大事な事があるのですが、これは自分が苦労して見つけたものなので、それはあえてここではいいません。

レッスンする時は、指の形とか、音、ペダリングとか確かにありますが、

技術は技術でしかないので、音楽はそんな浅いものでは無くて、これは明らかに自分がピアノ弾きとしての視点と違う所では無いかと思います。

人によって価値観とセンスが違うんですshine

なので、人と比べる必要は全然ないという事になりますねnote

今日は長いブログとなってしまいましたが、
明日は早朝のランニングから一日が始まりますfujishine

これが不思議と演奏者としての練習が集中出来て、
午後からの指導者としても集中して取り組む事が出来るんですね〜happy01sign01

では、おやすみなさいconfidentmoon3shine

« ダイエット | トップページ | ダイエットII »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295105/51724976

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏者と指導者:

« ダイエット | トップページ | ダイエットII »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック